青汁の食物繊維、アレルギー、ビタミンkによる副作用について

 

青汁といったら一般的には野菜不足などの悩みが解消されるしダイエットなどにも効果があるため健康には良いと言われています。

 

しかし、持病を持っていて病院に通い治療をしている方や添加物による身体の体調不良など青汁も飲んだら副作用がでてきてしまう事などもあるのです。

 

そこで青汁にはどのような副作用があるかについての説明をしていきたいと思います。

 

食物繊維による副作用について

 

青汁は食物繊維が豊富に含まれています。

 

腸内の環境がいきなり良くなると便通が良くなりすぎて下痢になってしまう事があります

 

逆に便秘になったりする方もいるようです。

 

これは食物繊維そのものが腸を刺激する以上に腸に溜まってしまいそれが詰まって便秘になってしまうのです。

 

ビタミンkによる血液凝固の副作用について

 

ビタミンkは脂溶性ビタミンであるとともに強い血液の凝固作用を持っています。

 

心筋梗塞や脳梗塞、脳血栓など血管に血栓ができる病気の人はワーファリンという薬を飲んでいます。

 

具体的にはビタミンkの作用を抑制する薬なのですが、青汁を飲むことでそのビタミンkが血液に投入されて薬の効果を消してしまうなどの副作用がでてしまうのです。

 

アレルギーによる副作用について

青汁の中には防腐剤や甘味料といった添加物が入っていて飲みやすく、日もちするように作られているのです。

 

豆乳などが入っている場合もあります。

 

当然そうした添加物にアレルギーを持っている人が飲んだら副作用としてアレルギー反応がでてきてしまいます。

 

そのため、アレルギー体質の方は青汁の原材料とその生産方法を確認して購入するようにしましょう

 

また、無添加、有機栽培のものならば、そうしたアレルギーなどの可能性を減らすことができるのです。

 

まとめ

 

青汁には健康的な飲み物なのですが、持病を持っている方や、アレルギー体質の方は副作用がおこる可能性があります。

 

そのため医師に相談してから飲むようにしましょう。

 

歯や骨を丈夫に作り、便秘解消、血圧上昇防ぐ青汁健康効果

 

青汁を飲むと健康に良いと言われています。

 

だいたいの方が毎日野菜中心の食生活をしているかといったら、そうではないかと思います。

 

厚生労働省では1日に必要な野菜の摂取量は350gと推奨していますが、食事だけでの摂取は大変難しいです

 

特に野菜があまり好きではない方や、肉料理ばかり食べている方は、無理があるかと思います。

 

しかし青汁を飲むだけで無理に苦手な野菜を食べなくても手軽に1日日必要な野菜の目安量をバランスよくとることができます。

 

そこで、青汁を飲むとどのように健康的な効果があるのかについて説明をしていきたいと思います。

 

便秘を解消してくれる効果があります

 

女性に多い悩みがちな便秘なのですが、毎日でないと健康ではありません。

 

不溶性食物繊維は腸内を刺激して腸のぜん動運動を活発化して栄養の吸収力を高めて便の排出を促してくれます

 

青汁にはこのような作用があるのです。

 

この作用で、効果的に栄養を吸収できるようになるので健康的な身体を作ることに繋がるのです。

 

血圧の上昇を抑えてくれたり、丈夫な歯や骨を作ってくれる効果があります

 

カリウムは血圧を上昇させる原因のナトリウムを排出する働きがあります。

 

青汁にはカリウムも豊富なため、血圧の上昇を抑えてくれます

 

また、カルシウム多く含まれています。

 

カルシウムは、牛乳などの飲み物の乳製品に含まれている事が多いのですが、実は青汁から摂取した方が効率も良いのです。

 

まとめ

青汁を飲むことによって今の日本人は野菜が足りていないことから野菜不足を解消してくれるからです。

 

子どもなどが野菜を食卓に出しても食べてくれないと悩んでいても、青汁なら無理に野菜を食べなくても良いのでお子さんの体も健康的になり、育ち盛りでも歯や骨を丈夫にしてくれるような効果があるのです

 

その他にも、便秘を解消してたり、血圧の上昇を抑えてくれるような効果があります。

 

青汁を飲むだけで沢山の健康に良い効果があります。

 

 

 

抹茶味やフルーツジューステイストも!最近の青汁の味とは

 

青汁というと、「苦い・まずい」というイメージがありますよね。

 

しかし、最近の青汁というのは、飲みづらいというイメージを払しょくするために、様々な味のものが販売されています。

 

では、最近の青汁というのはどのような味がするのでしょうか?

お茶のような味の青汁

青汁というと、青臭いイメージがありますが、今販売されている青汁の多くはお茶のような味のもの

 

特に抹茶や緑茶のような、普段飲んでいるお茶の代わりに飲めるようなとても飲みやすいものが増えています。

 

毎日のようにお茶を飲んでいるという人なら、抵抗なく飲めるような味になっています。

 

ただ、お茶と一口にいっても商品によって随分と違いがあるようです。

 

例えば、深みのある抹茶の味がする青汁もあります。

 

しかし、逆に普段飲んでいるお茶を薄めたような、ちょっと物足りないという味もあります。

 

さらに、さっぱりと飲めるお茶風味のものもあれば、お茶の苦みを強く感じるものもあります。

 

フルーツジュースのような甘みのある青汁

最近若い人から人気を集めているのがフルーツ風味の青汁です。

 

見た目は今までの青汁と変わりませんが、飲んでみるとフルーツの味がして甘みがあるものが増えています

 

青汁=苦い・まずいというイメージを完全に変えた青汁ということが言えるかと思います。

 

ただ、フルーツ風味といっても、基本的な成分は青汁のため、中には甘みの中に強い苦みを感じるものもあります。

 

まとめ

青汁の味というと、あまりおいしくないというイメージがあります。

 

その為、健康にはいいとわかっていてもなかなか飲めないという人が多かったものです。

 

しかし、最近の青汁はお茶の味やフルーツジュースのような甘い味など、誰もが飲みやすい味のものが増えています。

 

もちろん、従来の苦いものの方が体に良いと感じるという人もいます。

 

青汁を購入するときには、含まれる成分や効果ももちろんですが、自分の好みの味に合わせて購入してみましょう。

 

 

 

青汁を飲むだけで女性にとても嬉しい3つの美容効果について

 

青汁を飲むだけで美容効果があると言われているため今はテレビにでているモデルや有名人などの女性で美意識が高い人達なども綺麗になるために青汁を飲んでいるようです

 

そんな青汁ですが飲んだらどのような美容効果があるのかについての説明をしていきたいと思います。

 

エイジングケア効果が期待できます。

 

若い年齢のうちはあまりお肌の事が気になったり悩んだりする事が少ないと思いますが、だんだんと年齢を重ねるにつれてどうしても、お肌の事で気になったりもします。

 

そんな悩みがあっても青汁を飲む事によって、肌質の肌のキメを整えてくれたり、たるみをケアしたり、しっかりと潤いをサポートしてくれる効果があります

 

また、お肌をピチピチ、プルプルになるように促してシワなども解消してくれるのです。

 

このような、エイジングケア効果があるのです。

 

唇の美をサポートしてくれる効果があります。

 

美を追求する女性にとって唇のケアは欠かしてはいけません。

 

青汁はそんな唇にプルプル感やふっくら感を与えてくれます。

 

唇の血流も整えてくれたり潤いもありセクシーで綺麗な唇にしてくれる効果があるのです

 

ニキビを予防、改善してくれる効果があります。

 

大人になってもニキビはできることはあります。

 

ニキビ予防、改善に効くのがビタミンB郡になります。

 

ビタミンB郡には、代謝をあげる効果があり代謝があがると、脂肪燃焼を促してくれてそうすると皮脂の量が減るのです。

 

ニキビの原因となっている皮脂の分泌を正常にコントロールしてくれる作用があります。

 

このような事からニキビを予防、改善できるのです。

 

青汁の栄養素とビタミンのサポートで、ニキビのない綺麗な肌を作る事ができるのです

 

まとめ

 

青汁を飲むことによって、エイジングケア効果、唇の美をサポートする効果、お肌のニキビを予防、改善してくれるとても美容の面でみても良い効果があります。

 

そのため、モデルや有名人などからも人気があります。

 

 

 

青汁を飲み続けることで得られる嬉しい健康効果

 

青汁の人気は高く、多くの人が利用しています。

 

青汁を飲むことで、手軽に体に必要な青野菜の栄養を摂取できることも大きな理由です。

 

青汁の広告も良く見かけますし、ドラッグストアなどのお店でも青汁がたくさん並んでいます。

 

保存期間が長く、いつでもどこでも飲むことができる

 

青野菜は体のためにも毎日摂りたい栄養です。

 

しかし、生野菜は保存期間が短いですし、コストもかなりかかってしまいます。

 

自家栽培で青野菜を作っていたとしても、年中豊富に揃えておくのは難しいことです。

 

特に青野菜が不足しがちな冬などは、青汁を上手く利用して、不足しがちな栄養補給を行いたいものです。

 

青汁ならば保存期間も長く、スティックタイプならば携帯にも便利です

 

外出先でも水に溶かして簡単に飲むことができます。

 

青汁は食物繊維が豊富

 

青汁は大麦若葉やケールなどの青野菜が原料で作られています。

 

その為、食物繊維が豊富なので、便通改善にも効果があります

 

便秘の症状だけではなく、便通が不規則な場合や、お腹を壊しやすい場合も効果が期待できます。

 

腸内環境を良くすることで、病気のリスクを下げ、健康的な体作りを目指していくことができます。

 

ストレス解消にも効果がある

 

青汁は青野菜が原料なので、自然の恵みがたっぷりと含まれています。

 

人は自然の中にいると、心身が癒されていきます。

 

青汁はそれと似たような効果があり、ストレス解消にも役立ちます

 

毎日青汁を飲むことで、イライラが減り、無駄なストレスを減らす効果が期待できます。

 

まとめ

 

普段の食生活の中でもなるべく青野菜を摂っていきたいものです。

 

特に外食が多い場合は、どうしても野菜不足になってしまいます。

 

野菜が不足してくると、不健康になるリスクが高まってしまいます。

 

手軽に利用できる青汁を補助的に利用していくことで、無理なく必要な栄養を補っていくことができます

 

青汁は食品ですので、副作用の心配もほとんどないのが嬉しいところです。

 

青汁独特のニオイや味が気になる場合は、ジュースやミルク、糖分などを加えて飲むと良いでしょう。